大阪で眼瞼下垂の施術を受けました

目元が若々しくなりました

年齢によって瞼が下がった大阪で眼瞼下垂を受けることに!目元が若々しくなりました

私にとって手術は人生で初めての経験なので、当日は相当緊張していたと思います。
一番ドキドキしたのは麻酔の注射を受ける時でしたが、痛いのは一瞬で、次第にジンジンとして感覚が無くなっていきました。
局所麻酔だったので、医師がどのような作業をしているのかハッキリわかります。
私は言われるがままに目を閉じたり開いたりして、慎重に治療を進めていってもらいました。
結局手術は2時間程度で、手術直後から痛みはそれほど無かったですが、赤みや腫れはしばらく続きました。
抜糸の後も腫れがなかなか引かず、外出時にはサングラスが必需品となりました。
そして肝心の仕上がりですが、残念ながら元の顔には戻れませんでした。
傷は目立ちにくいものの、二重の幅が変わった事で目元の印象も変わってしまったのです。
最初は見慣れない顔に戸惑い、違和感しかありませんでした。
それでも1ヶ月ぐらいすると、新しい二重の幅にも見慣れていき、ようやく自分の顔を認められるようになりました。
顔の印象は変わりましたが、手術によって若さを取り戻し、さらに視野が元に戻った事で不自由なく生活できるようにもなったのも有難いです。